京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2018年06月02日

最近のはじめた健康生活

こんにちは、最近はまっている物があります。

それは健康生活。

 健康に徹することって意外と、良いんですよね。。。

なんでかっていうと、健康に関して良いことをすると、一日の終わりに

「今日も自分を律することが出来た」

と実感することが出来るからです。

 健康に関して私がしていることは、

運動と食生活です。

 運動は、基本的に自重トレーニングがメインです。

具体的な内容は、

 腹筋、
 スクワット
 ランニング
 縄跳び

 中々ハードでしょう?

特に腹筋は意外と便秘に効果もあり、目に見えて効果を実感できるので気に入っています。

ランニングはしんどいのですが、それがいい感じでしんどい中で続ける楽しさを感じることが出来ます。

その他やっていることは、先ほどにも挙げたように食生活の改善。

食生活の中にはなるべく、バランスよく取るようにしています。

特に、最近始めたのはこちらのサイトで見た→ミネラル酵素グリーンスムージーの口コミ評価について




というミネラル酵素グリーンスムージー!!

かなりの効果を実感できるので、お勧めです!

 またその他にも食生活では、玄米を取ることを日課としています。

玄米は通常のコメよりも多くの栄養素を含み健康にいいとされています。

そこで多く摂取できるように、いっぱい食べています!  

Posted by 月下ノット美人  at 18:37Comments(1)

2018年05月30日

肌改革。。。

最近お肌が荒れてきた

というのは、先ほどの投稿でもしたと思います。

 そこで今回は、お肌の改革をしていきたいなと思います。

 まずお肌の改革として思い立ったのは、スキンケアを変えてみるということです。

スキンケアの変革ということで、今回は自分にあったものを探すために

色んな所を見て回りました。

 そして見つけ出したのが、このサイト→王妃の白珠の口コミについて

というサイトで見つけた、

「王妃の白珠」

という、アイテムです。

 なんとこちらは、とってもお肌に優しいんだそうで、なんでも沖縄原産の

クチャという泥を使って、スキンケアが出きるのだそうです。

 とにもかくにも効果に期待していきたいです。


さらにスキンケアだけでなく、他の点も気にしていこうと考え、

 運動を日常生活に取り入れることにしました。


これは私がやっている毎日のメニューです。

Aセット

腹筋×20
スクワット×20
ランニング×2キロ

Bセット
ケーキ×2
マドレーヌ×2
ポテトチップス×1

このAセットを週5回やって

Bセットを週2回入れます。

 Bセットはケーキなどと書いていますが、メニューは毎回変わります。
シュークリームかもしれないし、あるいはタルトかもしれません。

もしくは、和牛ステーキかもしれません。

 とりあえず自分へのご褒美です。



   

Posted by 月下ノット美人  at 12:07Comments(0)

2018年05月30日

京都の田舎こんなとこがある!

こんにちは、お久しぶりです。月下ノー美人です。

最近、お肌が乱れています。食生活の乱れでしょうか。

なんとか持ち直したいと思います。

 今日の記事は、京都の田舎にはこんなところがあるという話をしていきたいと思います。


私の生まれ故郷は京都の田舎です。

 周りは田んぼに囲まれ、川が多いです。

森も多いので、そこには色んな動物がいます。

シカ、イノシシ、クマそれからニホンザルなんかも見ることが出来ます。

 自然がいっぱいの私が育った町の良いところは星がとてもきれいだということです。

満天の星空といっても過言ではありません。


 とにかく景色はとてもきれいです。

やはり大いなる自然は、私たちの心を大いに感動させてくれます。

私が好きな、景色は夕焼けです。


 夕焼けは見る場所によって、いろんな姿があると思います。

都会で見る夕焼け、自然が広がる場所で見る夕焼け、高速道路で見る夕焼け。

どれも趣があって、どれもきれいです。


私の町で見る夕焼けは五感に問いかけてくれます。

町には、「6時です帰りましょう」

の放送が流れ、街のあちこちでは夕飯を作る臭いがします。

山には真っ赤な夕焼けが、役目を終えたといわんばかりに街を夜に変えようとしています。

 そのときに出てくる真っ赤な残り火が、田んぼに反射している様子がとってもきれいです。

そして、沈む夕焼けと同じように、友達に別れを告げ帰路につく子供。

これらが、私の町で見ることが出来る夕焼けです。

 世界18位ぐらいにきれいな夕焼けだと思います。

 

  

Posted by 月下ノット美人  at 11:21Comments(0)

2018年05月28日

癒しのわんこ

どうも独身貴族です。

私には癒しの存在がいます。

それは愛犬です。

 一日で嫌なことがあっても愛犬がいれば、そんなことはどうでも良くなります。

それだけ私にとって犬は癒しです。

 ご紹介します。

愛犬のユリです。


ミニチュアダックスのメスです。

 生後半年で、とってもかわいいです。

 生まれてまだ6か月程度の犬ですので、周りは知らないことだらけ。。

なーんにでも興味を示します。

 その中でも特に動く物で遊ぶのが大好きです。

ボール遊びなんかわ、私がボールを持つだけで尻尾を振って、
「はやくはやく」

といわんばかりに、します。


 ですが最近困ったことが、それは噛み癖が治らないということ。。

この間なんかは、コンセントを噛みかみして、テレビの電源を落としてしまいました。

 コンセントはなんぼでも購入できるので、まあいいとしましょう。

でも、電気が通っているので、噛み癖のあるユリが感電してしまう恐れがあるのです。

 
 そこで、何とかできないかと考え、私は決心しました。

アイテムを使おう。

 そうです。

 世の中にはしつけをするアイテムがあるのです。

ネットで調べるとこんなものが出てきました。→悪癖を予防することが出来ます。


こいぬすてっぷというらしいです。

これは成長に合わせた、アイテムが封入されており、
それぞれ使用することで、年齢に合わせたレッスンが出き、子供のうちに悪癖を矯正することができるとのことです。

やってみると、しんどいレッスンがない為、ユリも楽しそうです。

 見ているこっちも癒されていきます。

これで何とか、噛み癖が治ればいいだけど。。。  

Posted by 月下ノット美人  at 11:39Comments(0)

2018年05月27日

フルダイエット!

痩せるという認識は変わってきましたね。。。

 昔は体重を減らすこと→痩せるという認識だったように思えます。

ということでダイエットはまさに体重計との戦いと言えました。。



 今よりもっと軽く、軽く!軽く!!

目標の体重まで痩せること。それが第一。そんな感じの風潮がダイエットにありました。

でも今は少しずつ、「健康にやせる」

ことにスポットライトが浴びつつあるのかなと思います。

 そこで世の中の女が筋肉をつけることに、少しずつ目を向け始めているように感じます。

勿論

筋肉がある=健康

ということには結びつかないですが、

 筋肉をつけると、立ち姿が美しくなりますし、スタイルも良くなります。

くびれも出来ます。

 あばら骨も出ません。

 そうなると周りから見ると、ただやせ細っている人より

幾分健康に見えるのではないかと思います。

私も海に行ったとき、

しっかりくびれが出て、腹筋がうっすら見え、姿勢が良い、綺麗なお姉さんを見て、


「あーいい痩せ方してるねえ」

と思うことがあります。

たぶん私が思うのだから、みんなもそう思うんだろうなと思います。

ということで、最近はちょっと鍛えすぎないように筋トレをしています。

サプリメントなんかも飲んで、→鍛神(kitashin)の口コミについて

 空いてる時間で体をいじめています!!

 筋トレをやり始めて思ったこと。。。

それは、意外と体を動かすのって気持ちいいな。。。

ってこと。

 汗というものに嫌悪感しか抱かなかったのですが、

良い運動をした後に汗を流し、それをシャワーで落とすときはすごく気分が良いです。

 また、達成感も味わえます。

 自分の中で目標を決めて、苦しい思いをしながらでも目標を達成すると、

他では味わえない、気持ちになります。

 ただやりすぎないようにしないといけないなあ( `ー´)ノ

 あくまでもダイエットでボディービルはめざしてませんので。。。。


あくまで姿勢の改善や、便秘の解消に・・・・  

Posted by 月下ノット美人  at 18:01Comments(1)

2018年05月27日

幼いころにした、ひどい遊び

以前私がブログで幼いころにした昆虫に対するひどい遊びをご覧になりましたか?

そう。私の幼少期はまさに連続殺人鬼のように昆虫の命をもてあそぶことに夢中でした。

 単純に、今まで元気だった生命を自分の手で止めることのできる楽しさがたまらなかったのです。

今思うと、普通ではないですね|д゚)

この昆虫は火であぶるとどんな風に苦しんで死ぬのかな?
ろうそくを垂らすとどうだろう。
ロケット花火に括りつけて飛ばすと面白いかな?

などはっきり言って常軌を逸しています。

勿論今だからこそこんなことを書けるのですが、当時は周りの大人も


「あの子は将来どんな風になるんやろ」


と、心配されていたようです。

 しかしながら昆虫を殺していく中で、昆虫の習性というのも独自に学びました。

なので、昆虫に対してやたらと知識が増え、ついたあだ名は虫博士。


 この理屈から言うと殺人鬼も、人博士ですね(´・ω・`)


 そんな私が、幼少期にした、昆虫に対するひどい仕打ちは

ガチャポンを持ってきて、そこにバッタを3匹くらい入れて、爆竹をドンッ!!

や、

 トカゲを捕まえてきて、ろうそくで四肢を固めた後、ろうそくをゆっくりとかして固めて
剥製にしたりしていました。

その他にも、カエルの足に噛み終わった後のチューングガムを巻き付けて、水に沈めたり。

ザリガニを近所のお寺の鯉の池に放り込んだりしていました。



 個人的に好きなやり方は、火を使ってやる方法です。



 やはり人間なので、動物を火で殺したいという本能を持っていたのだと思います。

お父さんのライターをくすねて、セミをティッシュでくるんで燃やして断末魔を聞くのは、個人的に大好物でした。


今思えば、良くまともに育ったなと思います。


    

Posted by 月下ノット美人  at 17:07Comments(0)

2018年05月27日

ムシについて語る。

私は自然の豊かな場所で育ちました。

 家の周りは田んぼで囲まれ、山に囲まれ、川に囲まれていました。

 田舎で私は育まれたのです。

田んぼ、山、川があれば、いろんな生き物が確認できます。

カエル、オケラ、カブトムシ、イナゴ。


色んな動物がおり、私たちの遊び相手でした。相手からすれば私たちは恐怖の対象でしかなかったでしょうが。。。

 その中でも私の少年時代、大いに遊び相手になってくれたのが昆虫でした。

 一般的に気持ち悪いといわれる昆虫ですが、よく見ると各昆虫ごとに個性があり眺めているだけでとっても面白いです。

カマキリをつかまえてきて、バッタを同じ虫かごに入れると、カマキリはバッタを捕食します。


その様を見ているのが幼い私にはとても面白い光景に見えたのです。

スケールは違えど、テレビでライオンがシマウマを狩っているような出来事が生で見ることが出来るわけですから、
なんとも言えない興奮を感じることが出来ました。


 また、アリをとっ捕まえてきて、神社の軒下などあるアリジゴクの巣にわざとほりこんで、アリジゴクがアリを捕食する
ところを見たり、逆にアリジゴクを巣から引っ張り出して、アリの巣の前に持って行ってアリの巣につれていかれるところをまじまじと見つめていたりもしていました。


我ながらひどい幼少期を過ごしたものです。


 しかしながらそんなふうに自然に囲まれたおかげで私は想像力を育てることが出来ました。

 自然とともに、遊んでいると、

なんでトンボはあんなに飛ぶのが上手なのか。

とか

バッタの後ろ脚はなんで、あんな形何だろうとか。

物事の理由を突き止める習慣を身に付けることが出来ました。

そういう意味では自然に感謝です。。


今では、幼少期に殺した命を思い、犠牲になった生き物には感謝をするようになりました。

どんな忙しいときでも

「いただきます」「ごちそうさま」

は欠かしません。

また、部屋にゴキブリが出ようと、蚊に刺されようと、殺したりもしません。

外に出るように誘導するだけです。。


 



  

Posted by 月下ノット美人  at 16:47Comments(0)

2018年05月27日

どうも、野球の試合に。

主人が野球をしていて、その試合を見に行っていました。


 今日の試合はどうやら河川敷での試合のようです。

 草木が豊かな自然に囲まれている場所でいざプレーボール!

 先発ピッチャーは旦那です。

 一回の守り、
先頭打者を見逃し三振に打ち取りました。

 アウトロー一杯のナイスピッチ。

 2人目は4球で出塁を許します。

 そして3番打者には、レフトオーバーの2ベース。。。

1点取られます。

 4番にはライト前。さらに2点を失います。

 5.6番はきちんと押さえ、結局3点を失いました。


 1回裏。相手投手は、元高校球児。

なかなかいいボールです。

けどコントロールがいまいちかなと思いました。

先頭には4球。2番打者にはセンター前に、3番打者には4球。

あっという間に満塁に、ここで打者は旦那です。

 初球、高めのボールに空振り、2球目。低にハズレ、ボール。

カウント1-1.

甘めの内角のボールをセンターオーバーの2ベース!!

 ナイスバッティンです!!


 しかし1塁ランナーは、本塁のクロスプレーでアウト。。

2点どまりです。

後続もアウトで、チェンジでした。

結局この3-2のスコアのまま、試合は進展なく、負けました。

 負けましたけどいい試合だったので。良かったです。

旦那は3盗を決めたので、ユニフォームの膝の部分が砂で汚れちゃいました。。。

洗濯が面倒です。まあ頑張ったから良しとしよう。。

 次の日曜は公式戦。。

頑張ってもらいたいですね(^^♪

  

Posted by 月下ノット美人  at 16:29Comments(0)

2018年05月26日

お母さんへのプレゼント。。。

遅すぎる母の日のプレゼント。。。

というか、これはただの私の気まぐれ。。

なんとなく親孝行がしたくて、プレゼントしました。

 私はプライベートではネットを良く扱っています。

ネットサーフィンが好きです。そこで見つけたサイト。→リンクル ノーヴァスの口コミについて

というサイトでリンクルノ―ヴァスというアイテムがあることを知りました。

 これは、気になるしわに対して効果を持つエイジングケア商品とのこと。

ちょうど母は、しわが気になるなあと良く口にしていましたので、ここぞとばかりに買ってあげることにしました。

 使ってみて意外と良い商品だったようで。。。


「ちょっと表情が変わったねえ」

と嬉しそうな顔。

 良かったです。

 やはり女は男以上に年を取りたくない生き物です。

 エイジングケアと聞くと喜んで使ってくれました。

そうそう、最近ずっと前にできた京都縦貫道ってやつを使って、実家に帰ってみました。

使ってみた感想。

恐るべき速さです。これだけ早く帰れるんだったら電車は当分使えません。。(笑)

  車の中で大好きなミスチルをかけて、サクッと実家に帰ることが出来ました(^_-)-☆

ちょうど、ミスチルの1990年代前半のベストアルバムを聴いて、

「イノセントワールド」


を流していました。

 「いつの日もこの胸に流れているメロディー」

とってもいい言葉です。。。

 20年間ともに暮らしてきた生まれ故郷に対し、なんか感慨深い気分に浸ってしまいました。

そのときはきれいな夕焼けが高速道路沿いに出ていたので、余計に感傷的に。。。



 良い帰郷でした(^^♪  

Posted by 月下ノット美人  at 17:51Comments(0)

2018年05月26日

はじめまして。。月下ノー美人です。

はじめまして。京都の密着型ブログである、京2を使わせていただきます。

「月下ノー美人」

です。

 私、いまは大阪住まいですが、昔はなんと京都に住んでいまして、そこで成人するまで暮らしていました。

 京都は一見すると華やかなところです。特に京都市は

金閣寺、銀閣寺、清水寺、五重塔。など観光名所もあり、

尚且つその町並みは雅っています。

 本当にいいところだと思います。京都は。。。

しかしながら私自身、住んでいたのところは、そんな華やかな街並みとは距離が離れた場所です。

 
 私は田舎で育ちました。星がきれいな京都の片田舎が私の生まれ故郷です。



 厳密に言うと京丹波町というところです。

 京丹波町は、9号線沿いにある、小さな町並みです。

 農作物の栽培が盛んで、工房などもあり食品加工などが優れています。

  
名産品があります。

丹波黒、丹波栗などが有名です。また枝豆も実が大きくかなりの人気を誇ります。


また、忘れてはならないのは、マツタケです。

 山が多く、さらに松の木が多いので、それに比例してマツタケも多く取れます。

私もおさないころ父と一緒に松茸狩りに行かせてもらいました。

そのときに取ったマツタケを近くの換金所で売っぱらうと

全部7万円もしました。。。

 子供ながらに驚いたことを覚えています。


 自然が多いところで、星がきれいなのも自慢です。

 私自身、自然と一緒に育ちました。6月の夜、川の堤防沿いを歩くと、蛍が空中を揺らめいています。


とっても幻想的です。川面に光が反射し360度すべてに淡い光を見ることが出来ます。

 
 中々忘れることのない色あせない思い出です。

 カブトムシやクワガタも良くいます。


コンビニでたむろしていた中学生時代、夕方になると光に誘われて大きな羽音が聞こえました。

びっくりして音の方向を見るとカブトムシが飛んでいるのです。

 大阪ではまず見ることの出来ない光景です。

もっとも最近は道路開拓のためカブトムシを見ることは減りましたが・・・


とにかく私の生まれ育った地京丹波はとってもいいところ!!

ぜひみんな、来てほしいです!  

Posted by 月下ノット美人  at 17:36Comments(0)